業界全体で取り組みがあるマネージャー育成

システム開発の現場には、組織が存在します。
末端のスタッフが開発業務に従事すると共に、彼らを管理する役割の仕事があります。
プロジェクトマネージャーが、システム開発において開発プロジェクトを率いる役目を持っています。
この役割を果たすためには、システム開発全体を理解できる能力が必要です。
そのような人材を育成するには長い時間がかかるため、簡単には人材確保ができません。

この貴重な人材の不足は、開発業界全体に影響する課題です。
プロジェクトマネージャーの育成を促進するには、その育て方のノウハウを業界で共有するのが効果的です。
どのようなカリキュラムで教育を行えば、マネージャーとしての実力を身に付けられるのかについて、情報の公開や交換を行うと改善の効果が表れます。
企業では既に、将来のシステム開発を担う優れたマネージメントスタッフを育てることを目的として、研修の実施に取り組んでいます。今度は業界全体でも、優れた人材を育てるための取り組みが必要でしょう。
企業の取り組みばかりに頼ることなく、業界全体で人材育成を支援する動きがあると、着実にマネージャーとして仕事ができる人が増えてきます。

その成果は、すぐに表れるものではありません。
しかし将来的に、業界や企業で育てられたプロジェクトマネージャーが、これからのシステム開発の業界を牽引する力となってくれます。
これからキャリアアップを目指すシステムエンジニアたちも、支援の力を得てマネージャー職が目指せます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です