プロジェクトマネージャーの育成までの対策

システム開発の会社を立ち上げようとする経営者は、必要な人員を確保しなければなりません。
そのため、プログラマーやシステムエンジニアなどの人材の求人案件などを出します。
そうしたスタッフは、比較的集めやすいです。しかし開発現場を指揮する有能なスタッフを獲得するのは、簡単ではありません。

開発を成功に導けるような、優秀な能力を持ったプロジェクトマネージャーの確保が不可欠です。
しかしながら、一からそのような実力あるスタッフを育成するには、ずいぶんと時間がかかります。
そこで、プロジェクトマネージャーが育つまで、まずはマネージャーとして将来性があるような、実力の伴った人材をスカウトするという手段が有効です。
業界内で名声あるマネージャーには着目できます。
しかしそのような人物は、他の開発会社も狙っているために競争率が高いです。

あるいは、スカウトマンに依頼し、有能なマネージャーを探し交渉してもらうという手もあります。
いずれにしても、開発を任せられる実力を持った人材は、探すまでに手間がかかります。
開発プロジェクトを立ち上げる前に、十分な期間の余裕を持って人材探しに当てるのが適切です。
多少はコストが掛かったとしても、実力あるマネージャーの確保は優先事項です。
優れたマネージャーを獲得し、開発プロジェクトを進めるに従い、次第に開発スタッフの中から、マネージャーとしての役割が果たせるような人材も育成されてきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です